任国外旅行

2019年08月29日

南仏プロヴァンス地方~旅の目的編~

ニース、マルセイユ周辺、リヨン。
フランス南部プロヴァンス地方をTGV(高速鉄道)で旅行。

観光だけでなく語学訓練も目的なので、なるべく他人と話すようにした。
しかしフランス語で話しかけても、英語で返答される事が多い。
モロッコと同じ。なぜ!?

話は通じているから、俺のフランス語が下手すぎる訳ではなさそう。
外国人=英語の方が得意と思われる風潮。

スペイン・ポルトガルでは真逆。
英語を話しかけているのにスペイン語で話してくる。
何言ってるか全くわからない。なぜ。

語学訓練といいうことで、あまり旅行の下調べをせず、聞き込み調査で観光。
失敗も沢山あった。特にバスの乗り継ぎが難しい。
日本語で説明されても難しいかも。
けれど何とか、プロヴァンス地方の必見スポットは周れたと思う。

旅程は大体こんな感じでした。
①空港→ニース
②ニース→マルセイユ
③マルセイユ→エクスアンプロヴァンス→アビニョン
④アビニョン→ポンデュガール→アルル
⑤アルル→レ・ボー→ニーム
⑥ニーム→リヨン→空港

また、フランスは日本人が多く住んでいて、日本の食材が手に入りやすい。
在仏邦人向けの食材店やレストラン、居酒屋が充実!

マルセイユの日本食材店で、
沢庵漬け、カップ焼きそば等をゲット!
たくあん、、、会いたかったよ・・・・。
IMG_20190822_185921

といわけでフランス旅行中は和食が中心でした。
フランス料理は高いし、サンドイッチやファストフードは食べ飽きてる。
欧州に来たら、和食が一番食べたい。

おにぎり焼き鮭定食。
IMG_20190820_122917
こーゆーシンプルな定食が最も嬉しい。

唐揚げ、枝豆、アサヒビール。
ラーメン、餃子に冷やし中華。
IMG_20190822_195125
日本語で接客してくれるのも有難い。


しかし!
日本レストランと書いてあるけど、中国人経営のレストランも沢山あるので注意。
むしろ中国人経営の店舗の方が多い。

日本人なら店の外観を見ればわかる。
日本のセンスとは微妙に異なる店内。
メニューには寿司、焼き鳥、唐揚げ、小籠包?エビチリ?

ラーメンの麺も中華食材店で売ってるUIDON麺。
俺がモロッコの家で良く使うやつ。
グニグニした不味いやつ。良く知ってる味。

KIRINビールも頼んだけど、絶対これ違うビール。
飲めばわかる。偽物。


marocoba at 09:50|PermalinkComments(0)

2019年08月26日

ポルトガル観光

ポルトガルの都市、ポルトとリスボンに行ってきた。

観光のついでに、モロッコとポルトガルとの関係や、文化の違いを調査。
モロッコにはポルトガルの遺跡などが、いくつか残っている。
何かしら共通するものがあると思った。

しかし、モロッコ・スペインと雰囲気が違う。
隣国だけど、全く文化が違う。

工事現場には防塵シート。しかもデザインされている。
IMG_20190807_085103

階段には窓明かりがある。
トイレの流し方も違う。
バス亭には時刻表があり、路線図がある。
見学順序の案内がわかりやすい。
ショッピングモールなどには非常口の表示がある。
ゴミは、しっかりと分別。ゴミ出しもキレイ。
IMG_20190809_174402

ブタンガスもモロッコのタンクと違って、カラフルでかわいい。
IMG_20190806_125437

なるほど、これが先進国かと感心。

地下鉄の改札にシャッターが無い。
誰でも素通りできてしまう。
IMG_20190806_083804_1
支払いは自己申告制なのだろうか。
ときどき車内でチェックされるのだろうか。
頻繁に利用したけど、一度もチェックされなかったけど。。。

でも街には落書きが多い。
トイレはあまりキレイじゃない。
IMG_20190807_190054
見えない所の治安はあまり良くないのかもね。

8月は旅行客が多い。
どこにいっても行列。
1~2時間待ちの観光地も珍しくない。

観光客はフランス人が多かった。
フランス人には人気の旅行先なのだろう。
電車やバスの中はフランス語が飛び交う。

でも、観光地でもフランス語はあまり通じなかった。
まずスペイン語が話せるか聞かれる。
その次は英語。
やはりスペイン語の勢力は強い。

marocoba at 01:00|PermalinkComments(0)

2019年08月23日

スペイン南部

セウタからジブラルタル海峡を船で渡りアルへシラスに渡り、そして電車でコルドバ・セビリアへ。
IMG_20190804_202917
写真はセビリアのスペイン広場。
1929年博覧会のために造られた建物。
魅せるための建物。なかなかの光景。
スターウォーズのロケ地で、この回廊はEP2でアナキンとパドメとR2-D2が歩いた。

■アルカサル
スペイン南部には、観光地になっているアルカサルと呼ばれる建物がいくつかある。
アルカサルは、アラビア語でアル・クサール(砦・宮殿)。
モロッコには沢山あるクサールのこと。

イスラム時代の建築物だが、
その後、キリスト教風に改修される。
いまでもイスラム時代の面影が多く残っている。

コルドバのアルカサルは、
ほとんどモスクの形状を残している。
IMG_20190804_151835
柱や内装はモスクのまま。
柱に書かれていたコーランなどは剥がされている。
でも奥の各部屋にはキリスト教の祭壇がある。

■スペインとモロッコ
スペインを旅行していて気が付くのは、
モロッコと文化が似ているということ。

スーパーの食材、買い物の仕方、建物の造り、トイレの流し方などなど。
モロッコはスペイン文化の影響を強く受けていることがわかる。

アラブ人も多い。
旅行客も多いけど、土産屋とか雑貨屋で働いているアラブ人も多い。

■語学
観光地は英語を話せる人もいるけど、
街の人は殆んどスペイン語のみ。
英語で話しかけてもスペイン語で話してくる。

ちなみにモロッコの都心部では、
いくらフランス語や現地語で話しても英語で返される。
こっちがフランス語なのに英語。
こっちがアラビア語なにに英語。
アジア人=英語という印象が強いみたい。

スペインでは逆。
こっちは英語なのに現地語を押してくる。
簡単なスペイン語は当然知ってるでしょ?という雰囲気。
全然わからん。


marocoba at 00:48|PermalinkComments(0)

2019年08月20日

スペイン領「セウタ」

モロッコ北部にスペイン領「セウタ」がある。
アフリカ大陸にあるスペインの飛び地。

その昔、ヘラクレスが山脈を割り、
ジブラルタル海峡ができ、山(柱)が2つできたという神話がある。
その柱の1つはセウタのアチョ山。
もう1つはジブラルタル・ロック。※現在イギリス領。
スペインの国旗に描かれた2本の柱は、このヘラクレスの柱らしい。
IMG_20190803_092354

ジブラルタル海峡には、モロッコとスペインだけでなく、
スペイン側にはイギリス領ジブラルタルがあり、
モロッコ側にはスペイン領のセウタがある。
3ヶ国が領有権を主張している。
IMG_20190803_171404
この写真の中に、モロッコ・スペイン・イギリスが入っている。

■入国
セウタへはテトゥアンからグラタクで40分程度で国境まで。
そして徒歩で国境を超える。

朝だったので、通勤モロッコ人の行列ができていた。
セウタへの入国はモロッコ人にとって制限が少ないらしいく、国境を越えてセウタに出稼ぎに行くモロッコ人もいる。

「並ぶのかぁ、チクショー」と思ったら、脇に誰も並んでいない通路を見つけた。
「これは外国人用の通路かもしれない」と勝手に解釈して行列を通り抜ける。

列の先で待ち構えていた警察にパスポートを見せる。
モロッコ人の行列の対応で忙しい警察は、
外国人パスポートは一瞬チラ見しただけでOKだった。

「これが国境か。ちょろいもんだぜ!」
とスタスタ通路を歩いてセウタに入れた。
しかし、これが後に大失敗だったことに気が付く。

■観光
セウタは海リゾート観光地がメイン。
ビーチやプール付きホテルが多い。
また、アチョ山の斜面にある公園や、高台の上の教会からの景色が良い。

IMG_20190803_095452
中央通りには、ブランド品などの店が並んでいる。

何度も領土争いを繰り返してきたセウタには、
珍しい史跡もいくつか残っていて、資料館などもある。

IMG_20190803_093217
街並みはスペイン。通貨はユーロ。
携帯の電波もスペイン。
でも働いる人はモロッコ人が多そうだった。
タクシーの運転手やレストランの店員はモロッコ人だった。

■出国
観光を終えてスペイン本土へ行くフェリー乗り場へ。
しかし、いざフェリーに乗ろうとしたとき、
「入国スタンプがない。国境へ行け。」と言われた。

いや、確かに国境ではパスポート見せただけ。
フェリー乗り場で出国手続きするのかと都合よく考えていた。
泣く泣くスタート地点へ戻る。

急いでタクシーで国境に戻る。
初乗4ユーロ(約43dh)。まじか。
モロッコのタクシーは初乗り1.4dh。
タクシー代が30倍。ヨーロッパ価格。


marocoba at 00:38|PermalinkComments(0)

2018年09月01日

任国外旅行2018_総括.txt

青年海外協力隊員に許された年間20日だけの海外渡航。
帰国したり、休暇を楽しんだり、使い方は人それぞれ。

与えられた貴重な20日間。
スペインとフランスを旅行してきた。
たくさん観光して、たくさん美味しい物を食べた。
けれど、単に遊びに行った訳ではない。
今回の旅は、モロッコ文化をより深く知るために必要だった。

モロッコの文化はイスラム諸国の影響だけではなく、
隣国のスペイン、植民支配していたフランスの影響が強い。

今までアジア諸国とモロッコを比較していたけれど、それは大きな間違いだった。
でも俺は、アジア+ハワイしか行ったことない。

知見を広げるための旅行。
お陰ざまで、モロッコ独自だと勘違いしていた文化が、
スペイン・フランスでも共通していることを知った。

■モロッコと同じだと思ったこと
・家の造り、建築物の構造
・電気スイッチ、コンセントのプラグの規格
・ドア鍵、窓の施錠、トイレ、シャワーの規格
・湯沸かし器、プロパンガスの使い方
・夏は21時くらいまで明るい
・街灯が暖色系でうす暗い
・そんなに道路が平らじゃない
・買い物システム
 →野菜果物は量り売り、買い物袋は有料。
・野菜、果物、チーズが安い
・ヨーグルトの種類が豊富
・電車の乗り方
・携帯電話のシステム
・路上販売の人達、謎の光るオモチャ
・偽物キャラクターの大道芸
・信号無視する歩行者が多い
・歩きたばこしている人が多い
・無人販売機は壊れていて使えない可能性が高い
・壁に絵を書く
・横位一列に並んでコーヒーを飲む

逆に、
■モロッコとの違いを感じたこと
・アザーンが流れない(教会の鐘が鳴る)
・「ça va?」ってあまり言わない。モロッコ人は挨拶の時に必ず「ça va?」って言う。
・コンセント、スイッチが使いやすい位置にある
・車がクラクションを無駄に鳴らさない
・信号は見やすい位置にある
・路上駐車は少ない
・道路を頻繁に掘り返さない
・道路に穴が空いていない
・道端で喧嘩していない
・アジア人を見ても「ニーハオ!ニーハオ!」と叫ばない
・店員が話しかけてこない。押し売りして来ない
・電車も店も定刻通りに始まる
・wifiが強い
・ちゃんと、お釣りが用意されている
・豚肉と酒が簡単に入手できる
・「ça va?」ってあまり言わない。モロッコ人は挨拶の時「ça va?」って言う。


あれ、、、
なんかモロッコの愚痴になってる!?
でも、これで良いのです。
モロッコの抱える課題を色々と発見できた。
今まで何が正解なのか解らずモロッコに居た気がする。

逆に、
■モロッコの方が良かったこと
・ネコがたくさんいる
・物価が安い
・他言語を話せる人が多い
・雨が少ない
・果物が美味しい

ま、これくらいかなっ(笑)!

■フランスについて
寒かった。そして乾燥していた。
でも、雨に降られることもしばしば。

パリの物価はモロッコの約4倍。
日本の物価の2倍くらい。
缶ビール400円、サンドイッチ800円。
富豪でもない限り、生活は困難。

安い外食の選択肢は少ない。
サンドイッチ、パニーニ、ハンバーガー、ピザなど。
モロッコと同じだな。

日本人街で和食ばかり食べていた。
定食が1000円くらい。パリでは安い部類。
日本から観光に来た場合は必要ないと思うけど、
モロッコ住まいなので、ここぞとばかりに和食を食べた。

日本スーパーで、納豆と乾燥昆布を購入。
モロッコで売ってなくて困ったものベスト3。
ちなみに、もう1つはバジル。

■スペインについて
久しぶりに湿気のある暑さを味わった。
活気があって、街が汚くて、
フランスよりもモロッコ寄りな国。

物価もモロッコと同じか少し高いくらいで、
全体的に日本の半分くらい。

缶ビール100円、生ハム100g100円。
タパス(居酒屋料理)が美味しい。
居酒屋で飲み食いして2000円くらい。

平日の朝から表通りでビールを飲む人達。
マクドナルドのビールはソフトドリンクと同じ価格。
バリューセットで選べる。

ただ、英語を話せない人が多い。
ホテルやレストランの従業員でもスペイン語しか話さない。
しかも、
「one,two,three・・・」とか、
「How much」も知らない。

数字くらい噂には聞いた事あるでしょ。。。
でも、殆どのスペイン人は英語を全く知らない。

あーでもモロッコも地方は怪しいか。
英語なんて噂にも聞いた事ない人が多いかも。

でもスペインは観光地のホテルでも英語ゼロだからな。
モロッコはスペインほど英語不自由ではないと思う。


marocoba at 03:53|PermalinkComments(0)