料理

2019年03月24日

ハリッサ(Harissa, هريسة)

ハリッサ。
マグリブ地域ではメジャーな調味料。
モロッコよりもチュニジアが有名かな。

ヨーロッパでも割と一般的に使われる。
日本でも通販やカルディで買えるっぽい。

唐辛子がベース。
その他、様々なスパイスが混ぜられている。
味や調合は、その店次第。

オリーブオイルも混ぜてあるパターンや、
ドライなスパイスだけの場合もある。
IMG_20190320_152031
左はドライタイプ。
右はオイルタイプ。

ちなみに、それぞれ1パック10Dh(120円)。
1人だと使いきれないくらいの量。

スパイス屋でも売っているけど、
オリーブ屋の方が扱っている確率は高い。
IMG_20190320_142144

タジンや挽き肉の串焼き等には欠かせない調味料。
辛いのが平気な人なら、日本人も好きな味かも。

でも日本で買うと、
モロッコの10倍の値段。

ネットで検索してみると、
個人で調合している記事もいくつかある。
自分好みの味になるし、ハリッサ作りチャレンジしてみようかな。

ちなみにフランス語では「H」を発音しないし、
「ッ」もハッキリ発音しないので、
「ハリッサ」は「アリサ」という発音になる。

アリサ。
日本人の名前みたいだよね。

もし娘が生まれたら「アリサ」って名前、
有りか無しかといったら、割とありさ。

marocoba at 15:34|PermalinkComments(0)

2019年02月27日

ホブス・サンドイッチ

モロッコ主食のアラビアパン(ホブス)。

半分に切って、
中に具を詰め込んだサンドイッチ。
IMG_20180321_172552
モロッコ人の大衆食で、だいたいの街で売っていると思う。

安くてボリューム満点。
そして、これが結構おいしい。

半分サイズで7dh(約100円)くらいかな。
店や具にもよるけれど。

サラダや、素揚げした野菜や。
魚のフライ、ホルモン焼き。
辛いソースをかけたり、
甘いソースをかけたり。
お好みに合わせてトッピン具!
IMG_20180217_195539
ラバトのメディナでは、
朝昼夜いつでも食べられるけれど、
夜は店が多く出ている。

日没後は、あちこちでバーベキュー大会。
肉や魚を焼いたり揚げたりしている屋台がたくさん。

オススメは、魚フライとサラダと辛いソース。
素揚げしたナス・ピーマンも好き。

モロッコに来たらぜひ食べてみてね。


marocoba at 21:30|PermalinkComments(0)

2019年02月24日

ホブス(アラビアパン)

日本ではアラビアパンなんて呼ばれる丸くて平たいパン。
アラビア語でパンは「ホブス」。
単に「ホブス」と言ったらアラビアパンのこと。
IMG_20180213_173353
パン屋だけでなく、何処でも売っている。
スーパー、商店、路上でも。

中身はフワフワ、外はカチカチ。
モロッコ人は、外のカチカチの部分が好き。

フワフワ部分は食べない人もいる。
中身のフワフワ部分、ほじくり出しちゃう。
フワフワなパンが好きな日本人とは逆だね。

1個1~2dh(約12~24円)で買える。
最も安くてボリュームもあるモロッコ人の主食。
生活費を節約したいならホブスが一番。

タジン料理、スープ、肉料理、魚料理。
大体の料理と一緒にホブスを食べる。

朝食などホブスだけで食べるときは、何か塗る。
オリーブオイル、バター、ジャム、
ナチュラルチーズ、
アムル―(アーモンド・アルガン・蜂蜜など)、
ヌテラ(イタリアの会社が作っている商品。ヘーゼルナッツペースト+ココア味みたいな感じ)
などが定番。

近所のお気に入りのホブスを見つけるまで、
結構たくさんの店のホブスを食べた。

やはり焼きたてが美味しい。
パン焼き場に行って、買うのがベスト。
でも近所にパン焼き場が無いのが残念。
IMG_20180213_173348


marocoba at 13:09|PermalinkComments(0)

2018年09月19日

グリーンカレー(自作ペースト)

街中で唐辛子を見るようになった。
青唐辛子も売っている。
夏前には店頭に無かった。
折角だから、何か作りたかった。

最近モロッコはタイ料理ブームで、
ラバトにも何軒かタイ料理屋がある。
けれど、値段は高いし、
味も納得できる店は少ない・・・。

特にグリーンカレー。
なかなか美味しいグリーンカレーに出会わない。
だから作る。自分で。

足りない材料も多々あるけど、
無いモノは仕方ない。
とりあえずやってみる。

作ってみたら意外と簡単。
まずはペースト作り。

ペーストの主体は、
青唐辛子、パクチー、パセリ等。
そこにスパイスとして、
クミン・コリアンダー、ジンジャー等。

それから、
レモン汁、オリーブオイルを足して、
ペースト状にする。
IMG_20180915_193840

手回しフードプロセッサーもあるけど、
速そうだから電動ジューサーでやった。
IMG_20180915_193256
で、ペーストはOK。
ペーストは冷凍保存できるので、
多めに作っておいた。

具は、
パプリカ、ナス、エビ、鶏肉。
炒めて、
ココナッツミルク入れいて、
ペーストを混ぜたら、
完成!
IMG_20180915_201452
辛さの調節がわからなくて不安だったけれど、
食べたら、ちょうど良い!
一般的には大~超辛レベルだけど、
俺にはこのくらいが良い。

味は、まぁまぁ旨い。75点。
やはりナンプラー無しは寂しい。
冷凍エビは旨みが弱いな・・・。

2杯目は上記を考慮して、
ちょっと工夫してみた。
うん、とても美味しくなった。
やはり魚介の出汁は重要。
ラバトのタイ料理屋より美味しい自信ある。


marocoba at 08:58|PermalinkComments(0)

2018年09月16日

タコ[モロッコ産]

モロッコの話をすると、
時々「タコの国だね!」と言われる。

日本のスーパーでよく見るモロッコ産タコ。
タコ輸入国1位はモロッコ。

日本のタコの7割以上は、
モロッコと隣国モーリタニアからの輸入らしい。

しかし、モロッコ人は滅多にタコを食べない。
日本が輸入先として西アフリカを開拓したらしい。
輸出した方が儲かるわけで、地元民は食べない。

魚市場に行くと、たまにタコが売っている。
いつも売っているわけではない。たまに。
1kg60DH(700円)くらい。
冷凍しておけるし、1匹買ってきた。

タコをさばくのは、そんなに難しくない。
頭の内臓を出して、
足・顔・頭に切り分けて、クチバシを取り除く。IMG_20180915_141307
塩でヌメリを取る。
頭の皮はスルスル剥がれた。

顔の部分は食べない。
頭もあまり食べないらしいけれど、
刺身にして食べてみた。
IMG_20180915_142128
日本でも生タコって頻繁には食べないよね。
刺身と言っても普通は茹でタコ。

コリコリして、噛めば噛むほど旨みが出て、
生タコ~って感じ(てきとー)。

近々タコ焼きパーティしようと思う。
なぜか道具は揃っている。

----------------------------------------
ソフトボール2018年度秋季大会第2戦。

2番サードで先発出場するものの、
4打席で無安打1四球。
多分、初めての無安打。
まじでショック。

試合も4-6で負け。
勝てる雰囲気の試合だっただけに、
本当に悔しい。

でも守備はちゃんとできたかな。
もっと練習を真剣にやらなくては。

marocoba at 03:07|PermalinkComments(0)