海外生活

2019年07月21日

第25回参議院議員通常選挙

日本で参院選の真っ最中。
しかし、いろいろあって投票できなかった。
海外で投票するには、事前に「在外選挙人証」を発行しておく必要があった。
知らなかった。。。

「在外選挙人証」の発行は大使館でできる。
けれど、地方自治体と郵送で書類を往復させるらしく時間がかかる。
事前に手続きするべきだった。残念。
詳しくは外務省のHPを読んでください。

在外投票は「在外選挙人証」と「パスポート」と持って、日本大使館に行く必要があります。
ちなみに投票期間は(今回は)開票日の2週間前~1週間前でした。

2017年の衆院選は、協力隊の派遣訓練中で投票できない同期隊員が多かった。
週末に帰宅できない人は、事前に不在者投票の申請をしておく必要がある。
知識が無いと投票できない。気をつけよう。

モロッコも選挙制度がある。らしい。
けれど自分が滞在中に選挙はなさそう。
2021年に下院の任期が終わるので、その頃には選挙あるはず。

モロッコに住んでいると、国の役割、政治の影響、公共事業の大切さ等を露骨に感じる。
政治に意見したくなる気持ちもわかる。
だからデモや投票の必要性を知った。
また、投票権がある有難さも感じる。俺にはモロッコの投票権が無いので。

日本は投票率の低下が問題になっているけど、それって平和な証拠かもね。
不満が無いということでしょう。

でもね、若い人は投票して欲しいと思う。
年代別の投票率は公表されているし、政治家は気にしていると思う。

高齢者の投票率が高いと、選挙で勝つために高齢者のために政治することになる。
若い人には苦労させて、高齢者には楽させる。
だから年金問題は解決しないんじゃないかな。
若者の投票率が年配者を上回ったら、状況が変わっていたかも。

多分だけど、所得別の投票率もわかるんだと思う。公表してないっぽいけど。
低所得者は投票率が低いという記事を読んだことがある。
もしそうだとしたら、
低所得者から税金を搾取して、高所得者をチヤホヤする政治になるかも。

個人的な見解だけど、
「誰に投票したか」はそれほど重要ではなくて、
「誰が投票したか」は重要なことだと思う。

marocoba at 12:56|PermalinkComments(0)

2019年07月03日

入手困難な食材たち

モロッコでは大抵のモノは入手可能。
生活用品、衣類、家電。
質も充分なモノが買える。
物価も日本と同じか少し安いくらい。

欧州製品も豊富で、それほど高くない。
モロッコ産の製品・食材は激安。

カサブランカに中華食材店に行けば大抵のものは手に入る。
箸や包丁も売っている。便利。
IMG_20190202_150901
ちょっと値段が高いけど、たまにはアジア料理も食べたい。


ラバトにも毎週火曜日に出張販売が来ます。

そんなこんなで、
モロッコで入手困難な食材をまとめてみた。

■目撃情報なし
ソース(ウスター、中濃など)
柚子、すだち、ライム系(レモンしかない)
ふりかけ、だしの素、とろろ
かまぼこ、竹輪(カニカマ以外の練り物)

■頑張れば作れる
納豆
タラコ
味噌
薄切り肉

■高級品
山椒
白菜
とんこつスープ
ごま油、ラー油
マルコメ味噌
キューピーマヨネーズ
キッコーマン醤油

■買える店が限られる
味噌
かつお節
ニラ
豚肉
ハム、生ハム
日本酒
焼酎 ※一度だけ目撃した

■まぁまぁ入手可能
酒類
白菜
キノコ類
ワカメ
豆腐
→スーパのは質も悪くて高い。アジア食材店は安くて美味しい。

パッと思いつくのは、こんな感じ。

逆に日本では入手困難な食材が激安だったりする。
無理してアジア料理にこだわると食費が高くなる。

今、何が一番食べたいと聞かれたら、
豚丼とろろトッピング。
薄切り肉、最強だな。

marocoba at 14:36|PermalinkComments(0)

2019年06月30日

グランド・タクシー

モロッコで街間を移動する手段は、
・国内線飛行機
・国鉄電車(ONCF)
・国営バス(CTM)
・国鉄バス(SupratoursSu)
・民営バス
・グランド・タクシー
・ミニバス
・専用ドライバー雇う

等がある。
今回は日本人旅行者には馴染みが薄い、
グランド・タクシー(通称:グラタク)について。

■プチ・タクシーの見分け方
プチタクは4人(乗客3人)乗り。
車体カラーが濃い目。赤とか青とか。

グラタクは7人(乗客6人)乗り。
車体カラーが白ベースが多い。

タクシーと呼んでいるけど、
グラタクは決まった路線以外は走らない。
決まった路線を走るので、どちらかというと「バス」。
街のどこかにグラタク駅がある。
IMG_20190501_194910
決まった路線上ならば、どこでも降りることもできるし、
途中から乗ることもできる。

街から出るタクシーは大抵は満員の状態なので途中乗車はほぼ不可能。
街に入ってくるタクシーは途中で人を降ろした可能性があり、空席があれば途中でも乗車可能。

■グラタクの使い方
7人乗り(運転手含む)で、乗客6人が揃うと出発する。
6人分の料金を払えばチャーターのように貸し切りで使える。
グループ旅行だと便利。

どの町に行く路線があるのか。
それは、その地域の事情に詳しくないと非常に難しい。

いつ出発するのか。
集まれば出発という性質上、はっきり分からない。
残りの人数分の代金を払えばスグ出発することも可能。

時間帯によっても異なる。
通勤通学の時間、平日と土日、ラマダン中、
スーク(市場)が開催される日など、
状況によって人の集まり方は違う。

目安の値段だけど、
1時間走行すると大体30dh/人。
つまり180dh/台。

■グラタクの快適さ
使い方は難しそうだけど、
乗り方のコツを掴めば、安くて速くて快適な移動手段。
街移動する際は、とりあえずグラタク駅に行って確認すると良い。

英語が話せる可能性はかなり低いけど、
言葉が通じなくても雰囲気を感じ取れる。
その街には行けない、行けたとしても本数が少ない、高額。
雰囲気でわかる。

なによりもグラタクがおススメの理由。
それは、超絶景が味わえること。

また、山越えはバスより揺れが少なく、
乗り物酔いが苦手な人はグラタクおすすめ。

グラタクは100㎞超えのスピードで砂漠を駆け抜ける。
どんどん車を抜かしていく。
対向車をスレスレで交わしていく。
絶景とスリルを味わえるアトラクション。

■グラタクの移動範囲
6人分払ってチャーターしたとしても、
どこにでも行けるわけではない。

グラタク業界の縄張り争いは厳しく、
その道路で営業して良いタクシー(運転手)が決まっている。

また、運転手が元の街に戻ってくる必要があるので、
普段行かない場所に行く際は、往復分を請求される。

客が沢山いて、車両が沢山あっても、
目的の街に行きたがるドライバーがいなければ出発しない。

とにかく駅に行ったら行きたい街を言って、
断られたら値段交渉するか、
グラタク乗り継ぎで行けないか確認したり、
他の交通手段(グラタク乗継やバス)を聞けば教えてくれる。

■グラタクの行き先
大きな街を超えて走行するグラタクは少ない。

例えば、
ラバト→フェズと移動する場合、
途中にメクネスという大きな街がある。
だからメクネスで乗換るのが普通。
ラバト→フェズ直通は少ない。

ワルザザード→エラシディアも同様に、
ブマルン(ダデス)とティネリールで乗換えるのが普通。
などなど。

どこが大きな街なのか知っていると、
スムーズに乗換がわかる。

■旧グラタクに注意
新型車両は3列シートになっているので、
6人乗っても大丈夫なんだけど、

旧車両のグラタクは同じ6人乗りでも、
助手席に2人、後部座席に4人と、
かなりヤバい。
IMG_20190608_140509
特に理由もなければ乗車は避けたい。
もしくは2人分を払って2席分を1人で確保した方が良い。

しかし、これほど古いベンツに乗る機会は日本では滅多に無い。
車好きにはたまらない。
メカ好きにはたまらない。
あえて乗ってみるのも楽しい。

それから旧タクに限らないけど、
冬でも窓全開のドライバーが多いので、
冬季は「寒さ」注意です。

marocoba at 12:22|PermalinkComments(0)

2019年04月15日

チップ制度

モロッコもチップを払う習慣がある。
日本人は、なんとなく苦手なチップの支払い。

チップの払い方に規則は無いと思う。
自分なりの基準を作ればいい。

例えば、
サービスをして貰った時は多めに払う。

・水をこぼしてしまった
・3人だけど2人前しか注文していない
・少ない注文で長居した
・途中でテーブル移動した
・あまりにも大人数で押しかけた
などなど。

店員に「申し訳ない!」って思うときってあるよね。
そんな時、チップに気持ちを込めればよいかと。

あと、割り勘したときの端数をテーブルに置いていく事も。
チップを足して割り算しやすくすると、とても便利。

それから、
逆に払わないパターン。

ファストフード店では不要。
どこからがファストフードかは判断が難しいけど。
あとサービス料込みのレストランも不要。

高級レストランでもサービスが普通なら払わなくても良いと思う。
接客が悪かったり、オーダー間違えたら払わない。

それから個人的にだけど、
チップ欲しさに過剰に接客してくるタイプは嫌だ。払いたくない。

払いたくないと思ったら、払わなければいい。
あとは自分の見栄との戦いでもある。

モロッコ人のチップも見栄で払ってる気がする。
クライアントや後輩などが一緒の時は、チップの支払いが多い。

また、飲食店以外でもチップを払うシーンが多い。
旅行ガイドとか、大道芸人とか、駐車監視員とか。

あとモロッコにはコインロッカーが無いので、
チップ払ってカフェとかに荷物を置かせてもらうことも。


marocoba at 09:26|PermalinkComments(0)

2019年04月12日

電気代と水道代

電気代は日本と比べたら、同じくらいか少し安いくらい。
でもモロッコの生活水準と比較すると、電気代はかなり高額。

だからモロッコ人は電気を節約する。

電気の空調は滅多に使わない。
電気はこまめに消す。
どんな性格の人でも、電気だけは入念に消す。
日中は屋内で電気を点けることは滅多にない。

自分の場合、
電気。水道代は平均すると毎月250dhくらい。
といっても日本と同じか少し安いくらいだけど。

電気・水道代は、地域によって多少違う。
ラバトの電気代は高額。
毎月100dh未満という隊員もいる。

JICAモロッコの場合は、
ガス湯沸かし器は禁止なんだよ。
過去に事故があったらしくて。

で、電気の湯沸かし器を使うんだけど、
これがまた電気代が高い。
IMG_20190406_112136

水道代は激安。
20~30dh/月のような感じ。
IMG_20190405_090232

支払方法は、
請求書がポストに投げ込れたら、
近くの電気水道会社の窓口に行って支払う。

時々、400dh(通常の2倍)を超える請求が来て驚く。

使っている感じは普段と変わらない。
計測する人が間違えている可能性が高い。

メーターの写真を定期的に撮っておくのは大事。

悔しい思いをしたくなければ、
入居時に必ずメーターの写真を撮っておくこと。
IMG_20190318_091157

海外引越しの基本だね。
日本国内だって請求書は必ずしも信用できないよね。

marocoba at 11:23|PermalinkComments(0)