現地訓練

2018年01月27日

10日目 ランパッフェ & 金クス

モロッコの朝食は、パンをおかずにパンを食べる。
他にはバター、ジャム、甘いミントティ。
IMG_20180126_072921
これ全部食べる終わるまで学校に行かせてくれない。
朝からパン中毒で気持ち悪い。

ダリジャを習い始めて3日目。
フランス語で教わるため、単語の細かいニュアンスが解らない。
勢いだけで授業が進み、とうとう時制の勉強に突入。
現在進行形・過去形・未来形。。。ペースが早すぎる。

そして授業終了10分前、先生が突然「L'imparfait を教える」と言った。
3秒くらい思考停止した後、思わず叫んでしまった。
「ら・・・らんぱっふぇ!!」

フランス語を勉強した人なら御存知の「半過去」です。
ダリジャにも存在するとはっ!モチベーションがた落ち。
先生の熱意を感じて止まない授業は、20分オーバーで終了。疲れ果てた。



今日は金曜なのでクスクスです。金曜はクスクス、クスクスは金曜。
モロッコでは、川相がバントを成功させるのと同じくらいの確率で、金曜はクスクスです。

昼休みに最寄のタコス屋に行ったら「今日はクスクスしか作ってない」って言われた。
金曜はクスクス、クスクスは金曜。
5分歩いてタコスを作ってる店を見つけるも、周りの人は大体クスクス。
金曜にタコスを食べてる俺を見ながら、周りの人はクスクス。

そしてホームスティ宅に帰ればやっぱりクスクス。
ファミリー達が毎日楽しみにしているホームドラマを見ながら、皆でクスクス。
IMG_20180126_190550
とても美味しいんだけどね。食べた後、異常に胃が膨れるので、存在感がある。
というか苦しい。というか痛い。
俺の知る中で最も満腹中枢を刺激する食べ物。数分で脳が犯される。

家族の「もっと食えっ」という雰囲気を感じつつ、
ドラマを真剣に見ているフリをして無視しました。

marocoba at 06:47|PermalinkComments(0)

2018年01月26日

9日目 ダリジャについて&物件探し

ダリジャ(アラビア語モロッコ方言)を習って2日目。
授業は毎日8:30~15:30(休憩70分)。

フランス語でダリジャを習うので二本松訓練所より疲れる。
IMG_20180125_082257
モロッコは暖房を点けないので、授業中は寒さとも戦い。

短期間なので文字の勉強はしない。アルファベットの当て字で勉強。
モロッコ方言なだから(?)外来語はフランス語由来なので少し助かる。
コーヒー:café(カフェ) ⇒ qhwa(カフワ)
チョコ :chocolat(ショコラ) ⇒ shklat (シュクラット)
みたいな。



放課後は続・物件探し。
職場までトラムで10分くらいのアグダル地区で2件内見。
どちらも良物件だったけど、特に1件目のは良かった。

導線良さげな2LDKで、テラス広いし窯ついてる。
IMG_20180125_160752IMG_20180125_160358
設備や家電はどれも新しくて、しっかりしていた。
IMG_20180125_160412IMG_20180125_160514


ただ5階まで階段なのと、職場までの距離を考えると悩みどころ。
JICA事務所には近いんだけどね・・・。

marocoba at 04:19|PermalinkComments(0)

2018年01月25日

8日目 ダリジャ勉強開始、不動産の内見

今日から2週間、ダリジャ(アラビア語モロッコ方言)を習うため、
ホームスティ宅から徒歩20分くらいの学校に通います。

メディナ(旧市街)を突っ切った、Rabat ville駅の近くに学校はある。
夕方のメディナは大混雑で避けたいけど、この道が一番早い。

DSC_0062

「こんな通学路は嫌だ選手権」があったら上位に入れそうな感じ。

で、放課後は、ホームスティ後に住むアパートを決めるため、
不動産屋さんの紹介物件を内見しました。

1件目(職場まで徒歩5分、2階)
DSC_0029DSC_0031
DSC_0032DSC_0034
DSC_0028DSC_0030
ベッドルーム×2、ユニットバス、リビング、キッチン。
冷蔵庫が古いのと、大きいローテーブルにできないか、
湯沸かし器をガス式から電気に変えられるか確認中。

2件目(職場まで徒歩3分、2階)
DSC_0045
DSC_0046DSC_0049

ベッドルームとダイニングキッチンというシンプルな作り。
1人暮らしには住みやすそう。システムキッチンも酒飲みには嬉しい。
けど、所々造りが雑で電気系統などの故障が怖いのでパス。

3件目(職場まで徒歩5分、3階、エレベータなし)
DSC_0053DSC_0055

DSC_0059DSC_0056
ここが一番広くて、モロッコには珍しく風呂トイレ別。
ベッドルームとリビングの間にキッチンがあったり、
リビングが奥の間と分かれてる。
元事務所かな?って感じの作り。使いにくそうなのでパス。

明日の放課後は、アグダル地区の物件も見に行きます。
職場まではトラム(路面電車)通いになるけど、不動産屋オススメの物件らしいので。

たくさん歩いて疲れて家に帰ったら、
ホストファミリーの9歳の女の子が、俺とダリジャで話すのを楽しみにしていたらしく、
めちゃくちゃ話しかけてくるんだけど、そんな1日で話せるようにならないよ・・・。

本日の講義を一緒に復習したけど、俺の発音を聞いてため息つかれてしまった。
「ダリジャとフランス語は君の方が上手いけど、英語と日本語は俺の方が上手だから!」
って言ってあげました。明日も頑張ります。


marocoba at 06:41|PermalinkComments(0)

2018年01月24日

7日目 教育省・外務省・KOICA表敬、そして健康診断

本日のお仕事。
モロッコの教育省管轄の機関に配属されるので、教育省に挨拶。
そのあとモロッコの外務省にも挨拶。

それから、韓国の国際協力機構「KOICA」にも挨拶。
KOICA事務所は伝統的なモロッコの建物で、とてもおしゃれ。
IMG_20180123_150804

IMG_20180123_145930IMG_20180123_150221

近代ビルで、現代的なつまらないJICA事務所とは大違い。
参考:モロッコJICA事務所

最後に健康診断(問診と血圧測定のみ)があって、本日の仕事は終了。

ホームスティ先に帰るため、トラム(路面電車)の駅にいたら、
地元の女子大生達が「どこ行きたいの?」と話しかけてきて、
「ウダイヤに行く」って言ったら、
「じゃぁ一緒に歩いて行こう!」ってめちゃ強引に案内された。

スーツだったし疲れたしトラムで帰るつもりだったんだけどなぁ。
25分かけて歩いて帰ることに・・・。

ホームスティしているウダイヤは、
ラバト北西の大西洋に面した城壁の中にある旧市街で、
とても雰囲気の街だけど、迷路みたい。
DSC_0029
ウダイヤの街は、この城壁の中にある。
ホームステイの話は長くなりそうなので、また別の機会に。

超方向音痴の同期隊員を家まで送ったら、
同期隊員のホストマザーにめちゃ強引にお茶に誘われたので、小一時間お邪魔した。

明日からはダリジャ(アラビア語モロッコ方言)を習うため、学校に通います。


marocoba at 06:22|PermalinkComments(0)

2018年01月23日

モロッコJICA事務所

DSC_0007
モロッコJICA事務所は、
首都ラバトのアグダル地区にあるオフィスビルの3~5階。

ちなみに現地では1階=0階なので、表記上は2~4階。

DSC_0003DSC_0005

モロッコには隊員ドミトリーは無いけど、
事務所の中に連絡所があって、協力隊員は割と自由に使える。

小説・漫画・DVDとか、フランス語・アラビア語の本、
モロッコまたは周辺諸国の旅行本、などは結構ある。

DSC_00010DSC_00030

フランス語の辞書とか教材は日本から持ってきて損した。
旅行本は年式が古いけど、充分役にたってます。

学校教材として?楽器も少しある。
リコーダ、鍵盤ハーモニカなど学校でおなじみの楽器たち。三線もある。

marocoba at 06:21|PermalinkComments(0)