現地訓練

2018年02月03日

金曜クスクス

普段の授業は15:30までなんだけど、諸々調整があって本日は17時まで授業。気持ち悪いくらい勉強したので、めちゃ疲れた。今日は帰宅してもプティ・ハディジャの家庭教師ごっこに付き合ってる余裕はない。(参考:ホストファミリー紹介)なので、プティ・ハディジャ先生の気をそらすために今日は「折り紙」を用意してみた。楽しそうに遊んでくれたので、プティ・ハディジャの笑顔に癒されながら頭を休められた。
IMG_20180202_204344
モロッコの国旗っぽく緑の五芒星を折ってみた。手前の鶴と箱はプティ・ハディジャの作品。2人で仲良く楽しく遊べました。

しかし!本日は金曜なので、まだクスクスを食べるという大切な仕事が残っている。大丈夫、今日はちゃんとお腹を空かせておいた。精神的にもクスクスを食べる覚悟ができてる。いざ勝負!
IMG_20180202_190724
あ、うん。先週より量が大い。先週はこの量を家族4人で頑張って苦労して食べた。それなのに何故ボリュームを増してくるのか。彼女たちは何がしたいのだろうか。馬鹿なのか。何が楽しくてクスクスを大量に仕込む必要があるのだろうか。それとも、俺の言語が中途半端だから間違えて大盛を注文してしまったのか。

色々と疑問を抱きながら、家族が食卓に揃うのを待っていたその時!ママ・ハディジャから衝撃の発言。
「その皿のクスクスは全部あなたが食べるのよ」
え、えっと・・・。聞き間違えたと思って確認するも、俺にスプーンを手渡して一言。
「クリッチ(食え)!」
家族用の大皿の前で小さなスプーンを構える俺。傍から見れば、とても滑稽な絵面だっただろう。先週は皆で食べたじゃないか。なぜ俺が1人でクスクスと戦う必要があるのか。

意味の無い質問だと分かっていても念のため「皆は食べないの?」と聞いてみた。返ってきた答は「皆は昼に食べた。」だった。基本的にモロッコ人は昼食をガッツリ食べて、夜は殆んど(もしくは全く)食べない。つまり、彼女たちは昼にクスクスを腹いっぱい食べたから夕食は不要ということ。

試合開始前から敗戦ムードが漂う中、混乱しつつも作戦を考えた。時間をかけて食べたら満腹中枢が殺られる可能性が高い。ここは早食いが吉だ。10分後がデッドラインと予測。ファミリー達がテレビドラマに夢中になっている横で、時計を確認しながら早食い大会レベルの勢いでクスクスを食べ始めた。

5分経過。3分の1食べられたかどうか。その時、俺は悟った。今の実力では完封は無理だ。ここは可能な限り健闘して、悔いのないクスクス人生を送ろう。完封はできなくても、家族には努力した証を残したい。そんな思いで食べ続けた。10分経過後、3分の2くらい食べた。もう無理。俺は頑張った。

「じゅぬぷーぷるもんじぇ・・・(もう食えません)」と家族に告げた。
それを聞いたママ・ハディジャは皿に残ったクスクスの量を確認してから、優しく言った。
「よく頑張った。」
その言葉を聞けて今日は満足です。

marocoba at 07:15|PermalinkComments(0)

2018年02月01日

毎日ダリジャ語の勉強

語学学校は、ホームスティ先から徒歩20分、ラバト最大の駅gare de rabat villeから徒歩5分の好立地。繁華街のビル2階に教室があります。
IMG_20180131_160038IMG_20180131_134614

モハメッド ブラシュカー先生(62)は、とても落ち着いていて、お茶目で、真面目な先生。
話し方がゆっくりで、演技が上手で、ユニーク。背が高くてイケメン。

何があっても怒らなさそう。文句を言わない。こんなモロッコ人もいるんだね。二本松訓練所とは大きな違いw

時々アウトドアレッスンもやります。街中に出て、ダリジャで食事したり買い物したり。実践は良い勉強。授業でない時も、可能な限りダリジャで買い物する。大抵の店員は、ダリジャを話す東洋人が嬉しいらしくて勉強に付き合ってくれる。

先生が「カフェする」って言うから付いて行ったら、ハヌート(雑貨屋)で茶葉とミントを購入し始めた。「家飲みかな?」という雰囲気の中、先生は「フフフ」という表情を浮かべたまま何も教えてくれず、サクサクと怪しい建物に入っていく。
IMG_20180131_144105IMG_20180131_144610
受付に茶葉を渡したら、応接間に案内されて数分後、ミントティが出てきた。
内装が異常にオシャレな建物で、デザイン事務所?的な何かだと思う。

話を聞くと、奥さんの勤務先らしい。うん、、、だからといって納得はできないけど。
顔見知りなら、リビング借りるくらい気軽に頼める。それがmarocain style!!

----------------------------------------------------------------------

語学のストレスと、ホームステイのストレスと、イスラム圏の酒が自由に飲めないストレス解消のため、ホテルに泊まっている隊員の部屋に突入!
IMG_20180201_172100
美味しくビールが飲めました。缶のラベルは、サッカー応援ヴァージョン!
それから、久しぶりに熱いシャワーを借りられたのが感激!!

marocoba at 16:37|PermalinkComments(0)

ホストファミリー達&サッカー準決勝

ホストファミリーは女性が3人。
仕事している人はいない。ホームスティの受け入れが家業らしい。
今は居候は俺1人だけど、普段はアメリカ等の居候も頻繁に受け入れているらしい。

ファティマ(36):家事の全てを彼女がしている。プティ・ハディジャの母。いつも気を使ってくれる優しい人。口癖は「ça va?(元気?大丈夫?)」

ママ・ハディジャ(52):ファティマの姉。最年長。ファティマの娘と名前が同じ。口癖は「こっち来なさい」

プティ・ハディジャ(9):ファティマの娘。元気で明るい俺の家庭教師。語学学校から疲れて帰っても、彼女の授業が始まる。口癖は「今日は何を習ってきたの?」

ファティマとママ・ハディジャは腹違いの姉妹という噂。なぜ、この家族構成で暮らしているのか、ファティマに夫はいないのか、いろいろ疑問はあるけれど詮索はしていない。家族には色んな事情がある。
IMG_20180131_184624 (2)
ファティマ(左)、プティ・ハディジャ(中)
ママ・ハディジャは、写真は嫌がると噂で聞いたので、写真は撮ってない。若い頃の写真が何枚か俺の部屋に飾ってあります。
IMG_20180131_203447

-------------------------------------------------------------------------

今日はサッカーChampionnat d'Afrique des nationsの準決勝。モロッコ対リビア。
しかも今年はモロッコ大会。ファミリー全員がテレビに一喜一憂。
おそらくモロッコ中が、この試合に注目しています。

試合は無得点のまま延長に突入するも、終わってみれば3-1でモロッコの勝利!
得点の度にプティ・ハディジャがソファを跳ね回っていました。次の日曜日は決勝戦!

ワールドカップに向けて、モロッコは順調に調子を上げている様子。
ただ、サッカーの試合のある日は、国内の治安も心配。

最近は興奮したファンがバスを横転させて死亡事件になるケースも。
大きな試合がある日は外出を控えるようにJICAからも指示されています。
試合後、外から盛大なドンチャン騒ぎの音が聞こえてきました。

プティ・ハディジャの授業も、いつも以上に熱が入ります。

IMG_20180131_180948

というかプティ・ハディジャは学校行ってない気がする。ママ・ハディジャが教えているのかな。
だから教材に飢えているんだね、多分。文字を読むのが楽しいみたい。


marocoba at 06:09|PermalinkComments(0)

2018年01月30日

ウダイヤ訓練所~裏の顔~

ホームスティをしているウダイヤのカスバは、
ラバトの世界遺産に一部でもあり、観光客もたくさん来ます。

旧市街には、あまり裕福でない人も多く住んでいるっぽい。
ハシシ(大麻)を売ってる兄さんや、
汚い注射器を持って「1本打ってく?」と聞いてくるオバさんがウロウロ。

治安が悪いので夜はあまり出歩けない。
夜な夜なバイクとかタイコの音が聞こえてきて、お祭りっぽい。
IMG_20180201_204446DSC_0044

ウダイヤに限らないけどイスラム圏全般は、
モスクからアザーン(祈祷時間アナウンス)が聞こえてくる。
日の出前にマイクを使って盛大なボリュームで。嫌でも起こされます。

DSC_0011
古い造りの家は雰囲気があるけど、生活は楽ではない。
この時期はメチャ寒い。モロッコは電気代が高いから暖房を使わない。
天井も高く床と壁が冷たいタイルなので、とにかく冷える。
DSC_0012DSC_00151
家といってもほとんんど外で、中庭をぐるっと囲んで各部屋がある。
全体的に風通しが良いw
今も白い息を吐きながら何とかブログを書いてます。
DSC_0015
薄い毛布2枚じゃ眠れないから更に1枚もらった。
最近、みんなコートを着て寝てることに気がついた。
とにかく厚着する。食事中も、寝るときも、授業中も。
セータの上にダウンを着て、ズボンと靴下は二重に履いて生活。
DSC_0017DSC_0004
大西洋に面したシャワー室も、ヌルい水がチョロチョロ出るだけ。
シャワーを浴びると体が冷えるので、2日に1回だけにしてる。

あと毛布にダニがいて、毎日噛まれてる。
着込んでるから露出しているのは手と顔だけなので、被害は最小限だけど、かゆい。

それからネコの小便臭がすごいw
俺は慣れてるからいいけど、あの刺激臭は体調を崩す人もいると思う。

この時期は湿気もすごい。タンスに入れてある服が湿る。机の上の書類もペタペタする。
石造りの家なので湿気を吸収できない。湿りすぎ!

そして、ホストマファミリーの喧嘩声が聞こえてきたり、言語の違いでうまく言葉を伝えられなったり。ストレス抱える隊員も多いと思う。

世界各国の隊員によってホームステイの環境は様々。
ネット環境なし、電気なし、寒さ暑さ問題、不衛生、食事が合わない、人間関係が面倒くさい等。
それぞれに大変だと思うけど、体調に気をつけて頑張りましょう!


marocoba at 16:30|PermalinkComments(0)

2018年01月28日

11日目 大使館新年会

今日は在モロッコ日本大使館の新年会に招待されて、数名のJICA関係者が参加しました。

モロッコでは、太陽を浴びながら酒が飲める機会は、滅多にない。
久しぶりに天気が良かった。最高~!
IMG_20180127_130058

自分は着任して11日目だから、まだ和食は恋しくないけど、
先輩隊員達は久しぶりの和食と豚肉(モロッコでは入手困難)、
それから日本酒に感激してた。

IMG_20180127_131341IMG_20180127_131826
IMG_20180127_133456IMG_20180127_123804

大使館のシェフに聞いたら、
蒟蒻、餅、アンコなどモロッコで手に入らない食材は、
フランスに行って仕入れているとのこと。フランス何でもあるな!

-----------------------------------------------

大使館を出た後は、買い出しして調整員のアパートに移動してダラダラ飲み。
IMG_20180127_174608
皆でカレーライス等を作るも、まだモロッコの台所に不慣れで申し訳ない。
次回はもう少し頑張ります。


marocoba at 17:07|PermalinkComments(0)