その他

2020年03月17日

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)

帰国してから2か月が経った。
新型コロナウイルスが流行したために、
全世界で活動している1700人以上の協力隊員が、緊急一時帰国することになった。

JICAは下記の様に発表している。
「派遣先には医療体制が整っていない地域も多く、移動制限を始める国もある中、万が一の事態に備えて、隊員の健康を考えた予防的な措置。」

確かに、医療体制が不十分な国は恐いし、
予防知識
レベルの低い人が多い国は危険。
そのうえ移動制限されたら大惨事になり得る。

理由は明確だと思うし、納得もできる。
でも、とても残念で悔しい。
現役の隊員達は、もっと複雑な想いのはず。
気持ちが整理できないまま帰国した隊員も多いと思う。

活動期間が短くなる。
2017-4次隊・2018-1次隊員は、
もう任国には戻れないかもしれない。

しかし、もう決まったこと。
より最小の被害で事態が収束するのを祈って待つ以外に仕方がない。


ところで、今回のウイルス流行に対する世間の反応には、
悲しい出来事も多々あった。

マスク等の買占め転売行為には、大勢の人々が迷惑な想いをした。
また、発症者を出した街・会社・店を必要以上に差別する人がいた。

マスコミは視聴率目的の大袈裟な報道で事態を拡大させ、
世論に怯えた企業政府は、免責だけが目的のアナウンスやパフォーマンスも多かった。
デマも多く流れ、科学的根拠の無いウイルス予防策も萬栄した。

そうして作り上げられた大規模な自粛ムードによって、
様々なイベントが中止となり、
プロ野球・サッカーの試合が延期され、ディズニーランドなどは閉園、多くの施設が閉鎖され、飲食店からは客が減り、協力隊員も強制退去。東京五輪さえ開催が危ぶまれている。

イベントの「中止」というのは、
「遊ぶところが無くて残念」「選手たちが可愛そう」というレベルだけの話ではない。

イベント1つ開催するには、沢山の業者や労働者が関わっている。
派遣労働者・パート・アルバイトは収入が無くなり、
イベント開催を頼りにしていた下請け企業は倒産を余儀なくされる。

毎日、ウイルスによる被害者の数が発表されているけど、
その数以上に、間接的な被害者がいることも忘れることができない。


marocoba at 11:52|PermalinkComments(0)

2020年01月18日

最期のブログ

先日、帰国ました。

なにか追記する事がなければ、
これが最後のブログになるはず。

「日記」のつもりで始めたブログ。
当初は一般公開するつもりも無かった。

しかし、モロッコの日本語情報が、かなり少ないことに気が付き、
何でも良いから情報を残したいと思い、活動の1つとして書くことにした。

そして、協力隊員への情報提供の意味も加わり、
内容もテーマもゴチャゴチャした。

書きたい事を、好きに書いた。
見返すと間違った情報も多々ある。
誤字脱字も多々ある。

でも気にしない。
その時の想いを重視。
ライブ感ということで。

有難いことに、
何名かのモロッコ隊員もブログを読んでくれていて、
時々、感想を言ってくれる。

恥ずかしくて適当な返事したけれど、
大変、励みになりました。
お陰様でブログ活動を2年間続けることが出来た。

理想としては、
ちゃんと情報をまとめて清書したいけれど、
多分、やらないだろうな。

ゴチャゴチャし過ぎて、
本人でも読み返す気すらしない。

とにかく、無事に活動を終えることができました。
2年間、応援ありがとうございました。

marocoba at 18:55|PermalinkComments(2)

2020年01月16日

ジュンノスケの夜明け

そもそも、
・田舎での生活
・英語の勉強
がしたくて、受験した青年海外協力隊。

しかし、まさかの
・モロッコの首都に配属
・フランス・アラビア語圏

合格発表の時点で、
自分が欲しいモノは全て失っていた。

そのため訓練所の時点で、
既にちょっと反抗期。

フランス語なんて勉強したくない。
アラビア語なんて聞きたくもない。

でもJICAとの契約は、ちゃんと守りたい。
任期短縮はしたくない。

なので、モチベーションを模索しながら過ごした2年間。

任期が終わったら、
再びモロッコに来ることは無いっ!
モロッコは遊び尽くした!
もぅモロッコに用はない!
と思っていた。

帰国間際に、何度か送別会をして頂いた。
そして意外にも暖かい声をたくさん貰った。

「とうとう、この日が来たか…。」
「なぜモロッコに残らないの?」
「淳之介が居なくなるのは想像できない」

今まで自分が一方的に、
反抗期をしていた事に気が付かされた。

合格発表の時から、
心の隅にあった派遣への抵抗感。
モロッコに対する無関心。
深まるアラブ人への不信感。

そんな、ひねくれた想い。
活動が上手くいかないのを、JICAのせいにしたい嫌な自分。

けれど、送別・報告会での、
皆様の暖かい声で救われた。

モロッコで出会った人達と再会するため、
そして、モロッコの発展を見届けるため、
いつか再びモロッコを訪れたい。

そう思うことができた。

2年間ズルズル引きずっていた、
くだらない反抗心。猜疑心。

最後の1週間で、
やっと回心することができました。


marocoba at 09:54|PermalinkComments(0)

2020年01月14日

ファントム・メナス

電気・水道どころか、
冷蔵庫・洗濯機・ガスコンロもあるモロッコ隊員。

ほとんど生活には、困らない。

そのためか、
細かい不便にストレスを覚える。

もし、電気・水道も不安定で、
冷蔵庫も洗濯機も無い生活ならば、
多少の文化の違いは、気にならないかもしれない。

しかし、生活がスムーズだから、
嫌な事があった時の衝撃が強い。
ちょっとした事が鼻につく。

生活が安定しているから、
活動はしっかりやろうとする。
モロッコ隊員は、活動を「仕事」と言い、
日本にいた時と同じ様な緊張で働く。

現地人も問題なく生活ができているので、
要請の内容や、同僚の悩み事も、
他国の多くの隊員とは水準が異なる。

ボランティアとして、
さらに発展した考えを持つ必要がある。
国際協力として、さらに高度な支援が求められる。

そのうえで、
モロッコ人の国民性と向き合い、
活動しなければならない。

また、発展した街で活動する隊員は、
現地人との人間関係も希薄になりがち。

村での生活のように、
心も身体も支え合って一緒に生活した現地人、
という様な存在は少ない。

他国隊員と比べると、
1人で過ごす時間が長くなり、
ストレスを抱える原因になっていると思う。


そして、こうしたストレスは、
旅行や買い物で発散する隊員も多い。

モロッコは観光大国。
どこに行ってもテーマパーク。

おしゃれなカフェ・レストラン、
可愛い雑貨、美味しい食事。

毎週末に旅行しても、
まだまだ飽きる事がない楽しさが、
いっぱい詰まっている国。

電気・水道が安定、
洗濯機も冷蔵庫も完備。
そして観光要素が盛りだくさん。

それだけを、他の国の隊員が聞けば、
とても羨ましく思うだろう。

けれど、モロッコ隊員には、
モロッコならではの苦悩が詰まっている。

苦労しながら一生懸命に活動して、
全力で楽しく遊び、そして学ぶ。

そんなモロッコ隊員達と、
2年間一緒に活動できたことは、
貴重な経験となりました。
感謝。

marocoba at 09:03|PermalinkComments(0)

2019年10月12日

アメリカン・スクール

首都ラバトにはアメリカン・スクールがある。
世界ほとんどの国にはアメリカン・スクールがあるらしい。
アメリカ勢力の強さを感じる。

モロッコではフランス系の学校に通う子供も多いけれど、主に英語圏の子供がアメリカンスクールに通っている。
草ソフトボール・リーグが、グラウンドを借りているので何度か校舎を訪問した。

そして最近、
アメリカンスクールが移転。

旧校舎も施設が充実していたけれど、新校舎は更に施設が充実している。
IMG_20190901_141733
広いグラウンド、2階建ての図書館、トレーニングジム、
IMG_20191013_111200
屋内プールに、オーシャンビューの食堂など。
IMG_20191013_111617
これが小・中学校の校舎だよ。
日本とは考え方も造り方も全然違う。
アメリカは、在外子供達もとても大切にされていると感じた。

日本は在外者向け設備を充実させるのは難しいと思う。
予算利用の理解が得られにくそう。
アメリカはどんな仕組みなのだろうか。

新校舎のグラウンドは野球グラウンドが無いので、
サッカー場(人工芝)でソフトボールしてます。

柵が無いのでとにかく広い。
特にレフト方向は野球場2面分以上。
外野の頭を越えばランニング・ホームラン。
IMG_20190922_121422
それから海沿いにあるため、ライト方向からの海風が強い。

いろいろクセのある球場だけど、
秋シーズンから新校舎でプレイしています。




marocoba at 05:11|PermalinkComments(0)