ボランティア飯「生姜焼き」ボランティア飯「だし巻き卵」

2018年03月01日

ラバト冬の気候

もう3月か。少しずつ暖かくなってきた。
そんなラバトの気候ですが、
ざっくり言うと「差が激しい」

昼間は暖かく、夜は寒い。
雨が降ったと思ったら、すぐ晴れて、また降る。
冬は雨期、夏は降らない。

天気予報
無題
週間天気。今週はずっと雨。
日曜に、マラソン大会とかソフトボールの試合とかあるんだけどなぁ。

冬は雨期。でも、長雨は少ない。
昨日もレストランに入ったら雨が降ってきて、食べ終わるときには止んでいた。

ところで今日の天気で気になるのは、
「!Rafales de vent de jusqu à 93 km/h prevues dans les prochaines heures.」
訳:この1時間で瞬間最大風速93/km(約26m/秒)の予想!

確かに今日は風が強い。嵐みたい。
通勤路にヤシの木(ナツメヤシ?)の葉が何本か落ちていた。
IMG_20180228_160554IMG_20180228_160601
葉の長さ3m以上、重さもしっかりある。
こんなのが4階くらいの高さから、歩道にドサっと落ちるのかな。
危くない?怪我する人いるでしょ。

ときどき、この葉っぱで道路掃除している人を見る。
IMG_20180202_082325


服装
砂漠のイメージからか、暑い国にと思っている人が多い。
けれど、ラバトの北緯は34度くらい。日本なら徳島・山口と同じくらい。

でも気候とは不思議なもので、徳島・山口より少しだけ暖かいと思う。
日差しも強く感じる。なんでだろ?建造物が低くて白いから?

それから、寒暖差が激しい。
昼は春の暖かい日、夜は秋の寒い日、というイメージかな。

しかも、
・滅多に暖房器具が無い
・天井が高く、コンクリの壁、タイル床

なので屋内は寒い。外の方が暖かい。
冬のレストランは長居はできない。寒すぎる。
建物の中は、冷蔵庫みたいな寒さ。

なので東京の真冬と同じ装備が必要。

日本での感覚からすると変だけど、
夜に屋内で過ごす時は、
ダウンコート、ニット帽、ネックウォーマー。

昼間の晴れている日に外を歩く時は、
コートを着ていると暑くて脱ぐこともある。


marocoba at 13:13│Comments(0)ラバト近郊 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ボランティア飯「生姜焼き」ボランティア飯「だし巻き卵」