金曜クスクスジェダイがいっぱいコレクション

2018年02月04日

ホームスティの食文化

ホームステイ中の食事、最初の週はパンとスープばかり。
スープはスパイスの効いたカレーっぽい感じ。野菜は全部溶かしてあって、具っぽいのは豆だけ。でも、美味しい。
DSC_0002
次第に、タジン、ピザ、スパゲティが登場するようになった。
家族と仲良くなるにつれてメニューとボリュームがレベルアップした気がする。
IMG_20180124_192456IMG_20180130_193013

IMG_20180128_183528IMG_20180131_191730
モロッコの外食文化は、クスクス・タジン・ブロシェット、ピザ・スパゲティ、サンドウィッチ・ハンバーガー・タコスが定番。ラバト市内の至る所に店がある。むしろ他のメニューを探すのは困難。

残念なのはスパゲティ。異常なくらい麺が柔らかい。レストランで2~3度試したけど、全ての店で超ソフト麺を使用。麺の形を維持できるのが不思議なくらいソフト。噛む必要なし。離乳食みたい。なぜ、こんな文化に・・・。

朝はパンのみ。2~3種類のパン。パンをおかずにパンを食べる。助っ人はバター&ジャム、そしてミントティ。朝の基本セット。
IMG_20180126_072921IMG_20180127_082817
モロッコ人は、たくさんミントティを飲む。「ティ」と言ったらミントティのこと。「カフェ」と言ったらエスプレッソのこと。ミントティを淹れる時は、コップは1回お湯で温める、また高い位置から注ぐこだわりがある。砂糖たくさん入ってて甘い。けれど不思議とスッキリした後味。
IMG_20180125_124939 (2)
ミントティと一緒にモロッコ伝統菓子と言われるクッキーが出てくる。アーモンドの餡が入っていたり、美味しくてサクサク食べてしまう。この菓子と炭水化物がモロッコ人を肥満化させている気がする。

モロッコ人はパンの耳しか食べたがらない。中のフワフワ部分に興味がない。日本人とは逆。パンの中身をほじくり出して外の固い部分を食べる。文化の違いなので仕方ないけど、意味わからない。
IMG_20180131_140255
ダリジャ語の先生にほじくり出されたパンの白い部分。かわいそうなパン。

marocoba at 05:42│Comments(0)現地訓練 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
金曜クスクスジェダイがいっぱいコレクション