アメリカン・スクールモロッコの夏の気候

2019年10月15日

恵みの雨

日本は台風による大雨で、大変な被害らしい。
とても心配です。

「日本では大雨で大変なんだ」と話しても、
モロッコは雨被害が少ないので、
雨の怖さが、あまり想像できないっぽい。

そして必ずこの話になる。
「モロッコ人は雨が降ると幸せなんだ」と。

モロッコの夏は雨が降らない。
冬~春は雨の多いラバトでも、
夏~秋は滅多に雨が降らない。

今年は7月中旬に降ってから、
10月中旬の最近まで、
3ヶ月間、雨に降られなかった。

海沿いの街は、冬に雨がたくさん降るけれど、
内陸では、年に数える程度しか降らない。

でも水不足は、そんなに心配なくて、
山脈には雨が降っていいて、
川には豊富に水が流れている。

モロッコ人が雨を好きな理由は、
「雨が街をキレイにするから」らしい。
雨で街が浄化されると考えている。

確かに雨上がりの街を、よく観察すると、
道路や車や窓ガラスの掃除をしている人が多い気がする。

それから、モロッコは年中日差しが強いので、
曇りの日に「良い天気だね」と挨拶する。

晴れは悪天候。
曇りは過ごしやすい。
雨は街も心も洗われた気分になる。

それがモロッコの文化。
日本とは、かなり違うね。


marocoba at 19:33│Comments(0)モロッコ文化 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アメリカン・スクールモロッコの夏の気候