ザゴラ(シェガガ砂丘)ボランティア調整員

2019年12月15日

グナワ

イスラム支配前から伝わる、
モロッコ伝統の音楽「グナワ」。

帽子の上に付いているヒモをひょうきんにクルクル回す踊りが特徴的。

街で演奏してチップをねだる物乞い。
見学してるとチップをねだってくるので、基本的には逃げる。
たまにはチップを払って、がっつり撮影。

ガチャガチャ音を立てている金属製のカスタネットは、
「カルカバ」と呼ばれる楽器。

地域によってグナワ音楽の雰囲気は全然違う。
けれど「カルカバ」は全国どこでも見られる楽器。
土産物屋でもたくさん売ってる。

グナワ発祥の地((?)の南部メルズーガでは、こんな感じ。

ラバトとは全然違う雰囲気。
音楽も人種もアフリカ系に近い。
やる気が無さそうに演奏するのがポイント。

「ギンブリ」と呼ばれる楽器もグナワには重要。

ラクダの皮を張って作られた楽器。
ベース音が特徴的。

ただし、音量があんまり出ないので、
単独で演奏されることが多い。


marocoba at 18:58│Comments(0)モロッコ文化 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ザゴラ(シェガガ砂丘)ボランティア調整員