協力隊員の呪縛Al Hoceima アル・ホセイマ

2019年07月30日

スマホ向けインターネットSIMの使い方

モロッコには大手の通信会社は3社。
MarocTelecomは、国営でDocomo的な存在。
Inwiは、auみたいな雰囲気。
Orangeは欧州系列だけど、SIMは欧州共有ではない。

で、今回は「MarocTelecom」の使い方についてメモ。
需要があるみたいなので。

1.SIMを買う
大きい空港や駅や、中規模以上の街ならば大体、MarocTelecomの窓口がある
路上でSIMを売り歩いている人もいるが、あれは公式なのか?代理店?不明です。

値段は正確には覚えていないけど2~300円くらい。
空港では無料という噂も。
購入にはパスポートの提示が必要。

2.端末設定(必要な場合)
日本で端末のSIMロック解除してきた場合、APN設定をする必要があるかも。
窓口に設定できる人がいたらラッキー。
そんなに難しくないので、調べれば自分でも設定できる。
設定方法はここでは省略。

3.チャージする
日本と違って、基本はチャージ方式。
MarocTelecomの看板がかかっている店で頼めばチャージしてくれる。
どんな小さい街でも、チャージできる店はあるはず。
もちろんSIMの購入時にチャージも可能。

「通話」と「インターネット」のチャージ先が異なるので注意!
インターネットの残高をチャージする場合は、しっかりと「インターネット用!」と伝える必要がある。

インターネットチャージは、
1GB(3日)で約120円。
3GB(10日)で約360円。
5GB(30日)で約600円。
※2019/08/01現在

■自分でチャージする場合
①店で14桁のコード(カード)を購入。
②555にダイヤル。
③音声ナビで「1」を選択。
④14桁のコードを入力。
⑤14桁の語尾に「*3」をつければインターネット。何もつけなければ通話チャージ。
⑥入力後、10秒くらい待っていると完了。通話が終了してSMS(ショートメッセージ)が届く。

念のためにカードを持ち歩いておけば、移動中や夜中でもチャージできるので安心。
ちなみにクレカがあれば、インターネットやアプリでもチャージできます。

余談ですが、
インターネットチャージは「*3」と書いたけど、
モロッコ人には「*2」が人気。

モロッコ人のスマホ利用の目的は、
8割がFacebook、WhatsApp、Instagram。
「*2」は、それらのSNSの無料分が付いてくる。
例)通話3時間、ネット1GB、SNS使い放題(2週間)が600円。

SNS依存症のモロッコ人達は、「*2」でチャージ。
普通にインターネットも使う場合は「*3」でOK。
ちなみに「*1」は無料SMSがついてくる。
「*4」は国際電話がお得なチャージらしい。

モロッコ人は家族や友人と繋りたくてスマホを持っている。
いつでも家族が送ってきた動画や、友人のFaceBook投稿を眺めている。

電車でも、カフェでも、ライブ会場でさえも、家族との通話は欠かせない。
せめて映画館でビデオチャットするのは控えた方が良いと思うよ。


marocoba at 15:49│Comments(0)海外生活 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
協力隊員の呪縛Al Hoceima アル・ホセイマ