グランド・タクシー日の出ずる国、沈む国。

2019年07月03日

入手困難な食材たち

モロッコでは大抵のモノは入手可能。
生活用品、衣類、家電。
質も充分なモノが買える。
物価も日本と同じか少し安いくらい。

欧州製品も豊富で、それほど高くない。
モロッコ産の製品・食材は激安。

カサブランカに中華食材店に行けば大抵のものは手に入る。
箸や包丁も売っている。便利。
IMG_20190202_150901
ちょっと値段が高いけど、たまにはアジア料理も食べたい。


ラバトにも毎週火曜日に出張販売が来ます。

そんなこんなで、
モロッコで入手困難な食材をまとめてみた。

■目撃情報なし
ソース(ウスター、中濃など)
柚子、すだち、ライム系(レモンしかない)
ふりかけ、だしの素、とろろ
かまぼこ、竹輪(カニカマ以外の練り物)

■頑張れば作れる
納豆
タラコ
味噌
薄切り肉

■高級品
山椒
白菜
とんこつスープ
ごま油、ラー油
マルコメ味噌
キューピーマヨネーズ
キッコーマン醤油

■買える店が限られる
味噌
かつお節
ニラ
豚肉
ハム、生ハム
日本酒
焼酎 ※一度だけ目撃した

■まぁまぁ入手可能
酒類
白菜
キノコ類
ワカメ
豆腐
→スーパのは質も悪くて高い。アジア食材店は安くて美味しい。

パッと思いつくのは、こんな感じ。

逆に日本では入手困難な食材が激安だったりする。
無理してアジア料理にこだわると食費が高くなる。

今、何が一番食べたいと聞かれたら、
豚丼とろろトッピング。
薄切り肉、最強だな。

marocoba at 14:36│Comments(0)海外生活 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
グランド・タクシー日の出ずる国、沈む国。