アラジン魔法のランプここが変だよ日本人

2019年06月05日

ラマダン月が終わります

よく間違えられるけど、
ラマダン=断食ではなく、
ラマダンは月の名前で9月の事。

この月はサウム(断食)をする。
サウムは「断食」と訳されるけど、
昼間の飲食を控えることであって、
日没後は食べる。無制限に。沢山。

空腹は、そんなに辛くない。
飲み物は結構しんどい時もある。
トイレでこっそり水を飲む人を2回くらい見たことある。

イスラムの暦(ヒジュラ)は、グレゴリオ暦より11日だけ短い。
だから年によって季節が違う。
季節が違えば難易度も違う。
夏は夜も短いし、のどが渇くので辛いらしい。

でも健康が優先だから、
体調が悪くなったり病人や妊婦は水分補給する。
子供もサウムを始めるのは12歳くらいから。

ラマダン中は生活時間が変わる。
日没と同時(19時くらい)に朝食(フトール)を食べ、
2時~3時くらいに最後の食事。

日の出まで飲食可能というわけではなく、
今年は3時半くらいが最後の食事。
この最後の食事は「スホール」と呼ばれ、
2時~3時くらいにモスクが大音量で合図の放送を流す。

学校も職場も昼休憩が無いので1時間早く帰宅。
毎日、夜が遅いので、
夕飯までの間は昼寝する人も多い。

ラマダン中は家族との時間を大切にする月。
早く帰宅して深夜まで家族と過ごす。

ラマダン中の挨拶は、
「ラマダーン・ムバラク!」
「ラマダーン・カリーム!」
という。

断食=辛い、ではなく、
日没後に3食しっかり食べる。
パーティ感覚で皆でワイワイするのが楽しく、
ラマダンが来るのを毎年楽しみにしている。
今年も友人たちと砂浜でフトール会を楽しんだ。
IMG_20190518_193404

でも酒の提供は一切無い。
ラマダン中、酒屋は閉まる。

フトールはメニューが決まっていて、
オレンジジュース、牛乳、ミントティ、
各種パン、ゆで卵、ハリラ、
シバキヤ(かりんとう)。
IMG_20190515_192906

日没後は飲食店の店員さんも働きながら食べる。
マクドナルドの定員も食べながら働いてる。
ガードマンも警察も軍隊も、街角でモグモグ。

ラマダン中は、モスクが混雑。
お祈りする人が増える。
モスクの外にまで特設お祈り会場ができる。

子供も年寄りも深夜2時くらいまで外を歩いて散歩。
最後の食事のために歩いて腹を空かせる。

カフェやレストランは、日没から開店して深夜まで営業する。
街は賑やかで騒音が凄い。
道路工事や建築は深夜から始まる。
日中の肉体労働は喉が渇くからねー。

外国人だから断食しないつもりでも、
学校・職場の昼休は無いし、深夜の騒音などで生活リズムは変わる。

日没前後は、多くの人がテーブルの前で朝食の待機。
普段は交通量が排気ガス臭いラバトも、街から人が消える。
この時間にジョギングするのが楽しい。
IMG_20190523_193954
障害物の何もない、車道も気にせず走れる。

トラムもバスもタクシーも走らないので交通手段が無くなる。
賑やかな繁華街から人は消えて、ネコだけの世界。
IMG_20190508_172313

ラマダンが終わると祭日(イード)が2日間ある。
イード中の挨拶は
「イード・サイード!」
「イード・ムバラク!」
「イード・サイード・ムバラク!」
などなど。


marocoba at 10:42│Comments(0)イスラム 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アラジン魔法のランプここが変だよ日本人