新幹線(LGV)が開通しましたモロッコテレコム博物館

2018年12月09日

水色の「ララシュ」

Larache「ララシュ」は鉄道駅がなく、
海外からの観光客には、あまり有名ではないけれど、
水色で可愛いメディナや、
IMG_20181129_155811
スペイン風の街並み、
IMG_20181129_150425
プチタクシーも水色で可愛い。

美しい海が見えるカフェや、
IMG_20181129_155437
美味しい魚が格安で味わえる。
IMG_20181129_141659
地中海風の味付け♪

バスターミナルから港に向かう時に乗ったタクシー運転手オススメのレストランに入店。
路地の奥にある店名表示もない小さな食堂だったけれど、とても美味くて驚いた。

ララシュは観光ポイントが密集しているから数時間の滞在でも充分に楽しめるけれど、ゆっくりのんびり過ごしたい街でもある。


【アクセス(多分)】
北端の都市タンジェから、バスやグラタクで2時間程度。
首都ラバトからバスで2~3時間。
鉄道駅のアシラやクサル・アルケビールから、グラタクで1時間弱。
ケニトラからもグラタクで行けると思う。


marocoba at 02:51│Comments(0)観光 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新幹線(LGV)が開通しましたモロッコテレコム博物館