活動先の開発環境LEDで部屋を明るく

2018年11月06日

人災の国

日本は、台風、洪水、酷暑、地震、津波、火山など、
世界有数の自然災害が多い国だと思う。

モロッコには自然災害が殆んど無い。
地震も嵐も火山も少ない。

日本の災害ニュースを見てモロッコ人は「日本は可哀そうだ」と言う。
そして大体は「モロッコは天災は少ないけど、人災が多い」という自虐ネタが展開する。
モロッコの災害は天災ではなく人災

モロッコは資源が豊富で生活は困らない。
停電も断水も無い。ネットは高速。
食べ物は美味しいし、観光地はたくさん。

でも人間関係のトラブルは多い。
多くのモロッコ隊員の悩みは人間関係。
同僚や大家と不仲で、職場や住居を変える隊員もいる。

モロッコ人にも様々な人がいるけれど、
日本人が苦手なのは、
・意見を言う時に怒鳴る
・引き受けた仕事をしない。嘘や言い訳が多い。
・連絡が多い。過干渉。
という性格かな。

意見を言う時に怒鳴る
これは国民性だと思う。文化だね。
不満があるときや意見を言うときは、
叫ぶ、嘆く、喚く、怒り狂う。
必死に大声で主張する姿は子供みたい。

モロッコは、トラブルがあれば示談の文化。
買い物やタクシーの値段も交渉の場合がある。
主張の弱い人は損する文化。
だから、大声で意見を主張する必要があるのだと思う。

慣れないと恐縮して損するばかり。
ストレスを溜める日本人も多いだろう。

仲良い人でも、交渉の場面では喧嘩になる。
交渉が終われば普段通りなんだけど、
仲良い人に裏切られた気持ちになる。

引き受けた仕事をしない。嘘や言い訳が多い
他人から良く見られたがるモロッコ人は、
何を頼んでも「OK]という。断らない。
その場では良い返事をする。

でも、やらないことも多い。
そして問い詰めても、言い訳の嵐。

間違えたり遅刻したら、必ず言い訳をする。
言い訳の内容は嘘ばかり。
これは多分、挨拶みたいなモノだと思う。

ミスをしたら、とりあえず言い訳する。
「ごめん、やっちゃった」と同じ意味。
それ以上の魂胆は無さそう。

あと「Une minute(1分待って)」は、
「少々お待ちください」と同じ意味。
実際は30秒だったり10分だったり。
「最初から10分って言えよ!」とイライラする日本人も多い。

連絡が多い。過干渉。
フレンドリーですぐ連絡先を聞いてくるけど、
メッセージの多さに困っている隊員も少なくない。

特に女性は気を付けた方が良い。
私生活にも干渉してくる場合もある。
関係を断つと怒られたり怖い思いをすることもある。

モロッコでは、街を歩く他人同士でも、
何かあれば協力して生活している。
他人との距離が近い文化。

けれど、それを利用して悪質な場合もある。
本当に優しいだけの人もいるから難しい。
見極めが肝心。


marocoba at 11:43│Comments(0)社会問題 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
活動先の開発環境LEDで部屋を明るく