クロスロード~JICAボランティア向け実践ガイド~水道・電気の払い方

2018年09月26日

モロッコ隊員が忘れがちなこと

先週突然、丸1日インターネットが途絶えた。
といっても落ちたのは固定回線だけ。
モバイル回線は活きてたから、生活に支障は無いけど、なんとなく損した気分。

今日突然、水道が止まった。
理由は不明。2ヶ月くらい請求書が来なくて、支払ってないからかな。でも請求書ないと支払うこともできない。明日、水道会社の窓口に行ってみる。

海外に住んでいると不便なこともある。
春には半日ほどの停電も経験したな。でも10ヶ月住んで、停電・断水は1回だけ。
モロッコは他の多くの国と比べると、めちゃくちゃ環境は良い。

多くの協力隊員は、頻繁な停電、ほぼ断水、ネット不安定な地域に住んでいる。そもそも家にネット無い隊員もいるし、水道や電気にも苦労していると思う。

「1ヶ月ぶりのインターネット!」、
「3日ぶりの水っ!(2時間だけ)!」とか、
そんな同期の話を聞いていると異次元すぎて想像できない。

モロッコなんて、シャワーから温水が出るし、冷蔵庫も冷凍庫もあるし、洗濯機もある。電子レンジも、洋式水洗トイレも、ガスコンロもあるし、水道水も飲める(一部地域を除く)。

そんな話を他の国の隊員にするとビックリされる。正直、東京で暮らしていたときより生活環境は変わらない。むしろ少し良いくらい。
だから、ついつい忘れてしまう。水も電気無い家で暮らす覚悟で受験した時の気持ちを。

モロッコで抱える不満なんてどれもちっぽけなもの。街が五月蝿い、工事が下手、電車バスの遅延、家に虫が入る、モロッコ人の仕事がテキトー、JICAのルールがウザいとか、そんな感じだものね。

たまの断水なんて、楽しむくらいの気持ちが必要だな。


marocoba at 06:56│Comments(0)海外生活 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
クロスロード~JICAボランティア向け実践ガイド~水道・電気の払い方